パソコンの故障修理修復対策辞典サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パソコンの故障修理修復対策辞典サイトトップ >パソコンアドバイス >>HDDの選び方はメーカーによって異なる

HDDの選び方はメーカーによって異なる

HDDの選び方はメーカーによって異なる

最近は、HDDの容量もすごく大きくなりバックアップなどを取る為とか、デジカメやハンディーカムビデオなどの写真、動画ファイルなどを保存したり、するとパソコンの容量がすぐに一杯になります。HDDの容量が大きくなりましたが、それでも足らないぐらいです・・・。300GBぐらいのHDDを2,3つほしくなります・・。

このようにパソコンを使っていると、ハードディスク(HDD)の容量が足りなくなってきます。HDDはパソコンの部品の中で最も壊れやすく、長く使用しているとデータを読み込めなくなってしまいます。

そうなる前にHDDのバックアップをとっておくことが重要です。バックアップには使用中のもののほかに1台HDDが必要ですが、内蔵させるHDDは少々扱いが難しいのと、ノートパソコンにはHDDが1台しか入らないので、外付けのHDDを使ってバックアップを行うと楽です。

またバックアップのほかにも、HDDの増設で容量が増し、多くのファイルを高速で保存することができます。

では、外付けHDDの選び方を説明します。まず購入予算を決めます。高すぎるものは手が出ないでしょうし、安いものは容量が足りず、性能もかなり落ちるため、ある程度の予算は確保しましょう。ここをケチってもしょうがないです。しかし、ネットなどでしっかりと比較検討して安く買いましょうね。

1万円~2万円あたりが容量も比較的多くお買い得になっているようです。
聞き慣れないかもしれませんが「バッファロー」、「IODATA」「ロジテック」の3社が日本のHDDの大手メーカーです。

この3社であればほぼ問題ないと思います。この3社以外でもよいかもしれませんが、やはり何の為にHDDを買うのかをしっかりと目的意識を持ちましょう。大切なデータを保管するのですから、ある程度の予算は仕方ないです。特に大切なデータでなければ、DVDなどに保存しておけばよいでしょう。続いて容量、これが値段の大半を決定してると思っていいでしょう。文章作成など、さほど容量を食わないデータであれば100GBほどで十分でしょう。逆に、動画などの大容量のファイルを保存、編集するのなら300GB前後は必要になります。

また、外付けハードディスクには付属ソフトが同梱されているので、その内容も考慮したほうが良いでしょう。最後に、せっかく購入した外付けHDDが接続できない、ということにならないように、パソコンとの接続方法を確認してから購入しましょう。

★以下のキーワードで姉妹サイトでよく検索されています。
HDD トラブル 修復
PC OS フォーマット
ハードディスク 消したデータ
ハードディスク 内蔵 増設 容量の壁
パーテーション 必要性
hd ポータブル

ちなみに、私sonyバイオのノートパソコンを持っていますが、IOデータとの相性が悪くて、HDDが合いませんでした(悲しい)
こうなればヤフーオークションで売るしかないですね・・・




theme : パソコンな日々
genre : コンピュータ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。