FC2ブログ


パソコンの故障修理修復対策辞典サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パソコンの故障修理修復対策辞典サイトトップ >パソコンアドバイス >>外付けハードディスクの価格比較の方法

外付けハードディスクの価格比較の方法

外付けハードディスクの価格比較の方法

外付けハードディスクの値段はピンキリです。
もちろんそれはスペックによるものであったり、ブランドによるものだったりします。まず大事なのが、何の為に外付けハードディスクを購入するのか?そこを明確にしないと価格比較はできません。

ただ、動画を保存しておくのか?仕事などにかかわるデータも保存するのか?この2つの差は大きいです。ちなみに、外付けハードディスクも完璧ではありません。本当に大事なデータは、DVDなどの記録媒体にも保存しておきましょう。ハードディスクは故障する可能性が高いですから。

さて、自分の目当てのHDDを探してみましょう。HDDのスペックでまず第1に気にする部分は容量でしょう。
現在、HDDの容量は1TB(テラバイト)を超えるものも出ていますが、値段も非常に高くなっています。今はまだ動画を扱う場合でも200~300GB程度で十分だと思います。動画も必要ないのならもっと少なくできます。

続いて転送速度ですが、接続インターフェースによって速度が大きく変わります。現在の規格はSATA、USB、IEEE1394がメジャーです。USB2.0とIEEE1394は速度がそれほど変わりませんが、USBは現在ほとんどのパソコンにポートがついています。なのでUSBを使っておけば良いでしょう。
ただし、古いパソコンはUSB2.0でなくUSB1.1の場合があり、非常に速度が遅くなります。SATAは外付けHDDの書き込み速度を最大限に活かす転送速度で、USB2.0の数倍速いです。ただし、ケーブル等を別に購入することになります。そう考えると、よほどの容量を転送しないかぎりはUSB対応で問題ないでしょう。

次に外付けHDD購入の主な目的の1つ、バックアップ機能について考えます。バックアップデータが1ヶ月前のデータだった、これではほとんど意味がありません。できるだけ最新のデータを残したいのなら、RAID対応の製品を選ぶと良いでしょう。ただし、それでも完全に保護できるわけではないので、やはりまめにバックアップする必要があります。

外付けHDDには付属のソフトがついてきます。便利なソフトも多いので損はしないはずです。その他、大きさ、音、冷却も注意する点です。特に冷却はHDDを長持ちさせるのに重要です。

★以下のキーワードで姉妹サイトはよく検索されています。
ハードディスクのパフォーマンスを調べる
ハードディスク フォーマット トラブル
データ復旧業者 口コミ
ハードディスクの増設
パーテーション 必要性
外付け HD ポータブル

とにかく目的別にHDDを購入することを考えてください。また最近は、転送速度がかなり速くなってきています。もちろん転送速度が速いものは、価格が高いですが、時間を気にされる方は、転送速度を。時間でなく価格を優先されるのであれば、価格に焦点をあてればよいでしょう。




theme : ニコニコ動画
genre : コンピュータ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。