パソコンの故障修理修復対策辞典サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パソコンの故障修理修復対策辞典サイトトップ >パソコンアドバイス >>ハードディスクのパフォーマンス低下?

ハードディスクのパフォーマンス低下?

ハードディスクのパフォーマンス低下?

パソコンは奥が深いです。特にパフォーマンスなどの話になると、浅ければメモリ増設などでパフォーマンスなどは向上できますが、深ければ、仮想メモリを増やしたり、逆に減らしたり、アプリケーションが使用する仮想メモリを多くしたりなどなど。

レベルによってことなりますが、まず、とりあえずは、パソコン自体は汎用機なので、個人レベルに適応することはあまりされなくてよいと思います。

ということは、とりあえず、メモリだけでも増設しておけば、ハードディスクのパフォーマンスも向上するでしょう。

OSがインストールされているメインのハードディスクの容量が足りなくなったり、そろそろ壊れそうだと思ったら新しいハードディスクに交換する準備をしましょう。内量が大きくなるほどその他のパフォーマンスも高くなっていることが多いので、増設したディスクをそのままメインのハードディスクにしても良いと思います。

単純に「交換」だけならハードディスクを入れ替えるだけですが、OSをインストールしなければそのディスクでは起動できないので、OSを再インストールさせるか、古いディスクからのお引越しをしなければなりません。まず必要なのは(データを移動させるなら)古いディスクと交換する新しいディスク、インストール用のOSのディスクです。交換方法次第ではOSのディスクが必要なかったりしますが、その方法が使えない場合もあるので、一般的な方法で進めていきます。

IDEタイプのハードディスクには、ジャンパーピンというものがあり、それをマスター設定にすることでOSを入れて利用できます。シリアルATAタイプなら必要ありません。設定が済んだら古いディスクの位置に新しいディスクを入れ替えてしまいましょう。データを移動させるのであれば古いディスクの設定をスレーブにして他の位置に取り付けます。振動が故障の原因になるのでディスクはしっかりとねじで固定しましょう。

最後はケーブルをつけてマザーボードのコネクタにはめるだけですが、左右の向きに注意して下さい。マザーボードにも「Primary」、「Secondary」とコネクタがあるので、「Primary」にはめましょう。取り付けはこれで終了ですが、この後BIOSで設定が正しいかどうかを確認して、フォーマット、インストールしてようやく交換が完了します。実際に交換するときは説明書等をよく見て作業しましょう。

★以下のキーワードで姉妹サイトはよく検索されています。
ハードディスク  交換
HDD をフォマットしたい
HDD 復元
ハードディスクの増設 トラブル BIOS
パソコン ハードディスク 分割
ポータブル HD 容量
パソコン フォーマット 移動

とにかく一度、深く物事に取り組むのであれば、業者に頼む前でもご自分で実際にどのようなことがしたいのか?またどうすればパフォーマンスが向上するのか?など、念入りに調査をしてから、業者にたのめばよいと思います。
まったくの素人が業者に頼むと言いなりになってしまうのも困り者ですので。

theme : 自作・改造
genre : コンピュータ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。