FC2ブログ


パソコンの故障修理修復対策辞典サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パソコンの故障修理修復対策辞典サイトトップ >パソコントラブル >>HDDトラブルの修復について

HDDトラブルの修復について

HDDトラブルの修復について

最近はHDDも安くなってきました。容量も1TBなどのものあります。そして容量が大きくなって、今現在は、HDDの大きさが小さくなっています。昔のウオークマンぐらいの大きさで200GBぐらいのHDDもあるぐらいです。ですから、HDDが壊れたのであれば、とりあえずは新しいものを購入しておけばよいです。

ハードディスクはパソコンの中で最も壊れやすい部品です。また初期不良も多いです。実際、5年前後で故障するケースが多いようです。そのため定期的なバックアップが必要になりますが、バックアップする前に故障した、あるいは最新の情報を何とか復旧したい、という場合にはハードディスクを修復する必要があります。

ここで重要なのは、HDDは基本的には直せるものではない、ということ。また初心者があまり手を出さないことです。簡単な故障であっても100%直せる、ということはまずないので、バックアップが重要になるわけです。ここでバックアップの重要差を感じていただきたいです。

とはいえ、どうしても直したいという人も多いでしょう。そこでHDD修復の業者が出てきます。ハードディスクの故障には、論理障害、物理障害の2種類があります。少しむずかしそうですが、以下を参考にしてください。

このうち論理障害は市販のソフトで修復可能なこともありますが、物理障害に関しては専門の設備が整った業者に依頼する必要があります(ごく一部の物理障害を修復するソフトも存在するようですが)。

先ほどもいいましたが、たとえ業者とはいえ、100%修復できるわけではないので、そのときは潔く諦めるしかありません。やはりハードディスクは精密機械ですので、完全に修復することは難しい場合もあります。
そうならないように、業者選びは慎重にしましょう。費用の高いところほど設備が充実している、といえますが、重度の物理障害であれば、新しいパソコンが買えるほどの額を提示されることもあります。

逆に安い業者は、低価格にできる何らかの理由がある、と考えた方がいいかもしれません。これはどのうなサービスにもいえますが、出来れば、ネットなどで口コミを探して依頼するとよいかもしれません。どこに依頼するにしても、十分検討したうえで修復を依頼しましょう。ただし、修復に成功してもHDDは壊れやすくなっているため、バックアップした上で新しいHDDを購入した方がいいでしょう。

★以下のキーワードで姉妹サイトはよく検索されています。
HDD バックアップ お勧め
外付けhdd 比較
パソコン ハードディスク 業者
ハードディスク  交換
HDD をフォマットしたい

また最近は、HDDにゴム製のパッキンをつけて、仮にHDDを落としても安全なものも出ていますし、水に強いものも出てきています。初期不良や寿命などでHDDが壊れたのであれば仕方ないですが、落としたり、水濡れなどの自己は防げるようになりつつあります。



theme : パソコンな日々
genre : コンピュータ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。